顧問・牧師


Phillips Koh

1952年生まれ。University Technology Malaysia, Kuala Lumpurでelectrical engineeringを学び、国営企業の会社に就職し10ヶ月勤めた後、1975年に神からの招命を受け献身。福音船ロゴス号でシンガポール、サラワク、サバ、ブルナイ、フィリピン、台湾、韓国、日本、香港、マカオで伝道活動に携わった後、KLのAmpang Gospel Centrという教会で1977年まで2年間仕える。1978-82年イギリスに留学し、神学の学士課程(London Bible College、現在名London School of Theology)と修士課程(University of London, King’s College)を修了する。

1983年に妻と数人の日本人クリスチャン達とKLJCFを立ち上げる。その後Asia Evangelistic Fellowshipという宣教団体で巡回伝道師として3年間働いたのち. KLにある Emmanuel Evangelical Free Church(インマヌエル福音自由教会)で1985-2006年まで牧師として仕える。その間1994-98年までアメリカに留学し、教育博士号取得(Trinity Evangelical Divinity School、現在名はTrinity International University)。

2006年 First Baptist Church, Petaling Jaya(現在名はPantai Baptist Church)に転任して主任牧師として3年間仕える。その後2010年より3年半.KLにある Fairview International School で教師養成学科訓練教師として勤めたあと転職し、2013年9月よりPJにあるPeople’s Park Baptist Church(ピーポーズパークバプテスト教会)の牧師に就任。その後要請を受け、再びPBCの主任牧師として2015年10月に牧会者として遣わされたが、2018年5月付けで辞任。
1983年より途切れ途切れではあるが、ローカルの3つの神学校(Seminari Theoloji Malaysia, Malaysia Bible Seminary, Bible College of Malaysia)でパートの講師として新約聖書神学、ギリシャ語、キリスト教教育学を教えてきた。

1983年にJCFが創立されて以来、アメリカでの留学時期を除いて、JCFでの説教の奉仕は、ずっと途切れることなく、一か月に一度の割で続け、顧問あるいは協力牧師としても、JCFとの関わりを持っている。

許はんな

1974年にイギリスで救われてから数ヶ月後に、Open Door (鉄のカーテンと呼ばれる共産国に聖書を密輸する伝道団体)の創始者Bro.Andrewからチャレンジをうけ献身。献身後まもなくイギリス、ベルギー、イタリアでOperation Mobilizationという宣教団体で宣教のトレーニングを受けた後、イスラエルへ渡り、そこで同じ宣教団体に加わり、伝道活動に一年ほど携わる。その後その宣教団体の福音船ロゴス号に加わり、伝道ビジョンに燃える世界中から集まって来た、130名ほどのクリスチャンの方々と共に、アジア各国を航海、特にフィリピン、台湾、韓国、日本で、福音伝道活動に従事。その福音船で現在の夫Phillips Kohと出会い1976年に結婚してマレーシアヘ住居を移す。

2年後1978年夫と一緒に神学をイギリスのLondon Bible Collegeで学んだ後、1982年帰馬。1983年に同じ志を持つ日本人のクリスチャン達と一緒にKLJCFを創立。同時に夫の牧会するローカルの教会で牧師夫人として仕える。1994年から1998年主人の留学に伴い家族で渡米。そこで旧約聖書学修士課程を修了。帰国後はパートで幾つかのローカルの神学校で旧約聖書、ヘブル語を教える。2011年より牧会カウンセリングを学び、2013年に修士課程の学びを終わる。その後一年間インターンカウンセラーとして一年間実地を受けた後、PBCという名前のバプテスト教会で、牧師夫人としての諸々の責人を果たす一方で、3年間ほど教会のカウンセラーとしての働きを終えて、現在に至る。

二人の成人した男子の母親。