KLJCFの歴史

KLJCFは 「クリスチャンの婦人の集まり」から始まりました。 
1983年9月7日に初めての婦人会が、クリスチャンホームの松本繁雄さんご夫妻のお宅で開かれ、その席で、毎週一回・水曜日に婦人会を、又、毎月一回・第三日曜日の夜に礼拝を松本兄姉宅で持つことと決まりました。そして、1983年
9月18日に、第一回「日本人クリスチャンの集い」が松本兄姉宅で開かれ、
KLJCFが産声を上げました。当時の記録によりますと参加者はクリスチャン夫婦を中心に9名+こども3名で、地元教会の牧師であるフィリップ許(コー)先生が、「使徒の働き19:1-7」からメッセージを取り次いでくださり、日本人のはんな夫人が通訳をされまhした。

2年後の1985年には、PJゴスペルホールのご好意により、ゴスペルホールでの礼拝が可能となり、毎月一回最終日曜日に礼拝を持ち始めました。まもなく、日曜学校もはじまり、そして、12月には杉山光江さんが洗礼を受けられ、KLJCF最初の受洗者となりました。神様の豊かな祝福が発足当初から、豊かに注がれていたことに感謝です。

「日本人クリスチャンの集い」は、その後「クアラランプール日本語キリスト者集会(KLJCF)」という名称に変わり、ゴスペルホールでの礼拝も、月一回
から二回へ、二回から三回へ、そして1992年からは、「毎週・午後4時から」が可能となり、今日に至っています。
又、この頃からシンガポールJCFより毎月1回顧問の先生方が定期的に来てくださるようになり、直接日本語で説教を聞くことができるようになりました。
1993年3月にコー先生が留学のためご一家で渡米されたのに伴い、地元のホー先生とタン先生、リー先生が英語でメッセージをしてくだるようになり、先生方の説教は会員が交代で通訳を務めました。

年に一回こどもたちと一緒の野外礼拝も行われるようになり、1994年にはPJのタマンジャヤ、1995,1996年には森林研究所公園を会場に親子揃っての楽しいひと時を過ごすごとができました。 又、お互いの親睦を図るためファミリーキャンプも早くからKLJCFの中で確立されて毎年のように持たれ、又、時にはシンガポールJCFとの合同キャンプに参加することもありました。

2002年からは、日本の神学校を卒業して来マされ議長に就任された加藤尚宏先生と協力牧師のコー先生との共同牧会が始まりました。2005年には、定期総会決定に基いて加藤尚宏先生がKLJCFの初代牧師に就任され、7月10日に牧師就任式が行われました。

以降、今日までKLJCFの礼拝と働きが続いています。その間の受洗者は
27名です。

2012年3月末で加藤尚宏牧師が隠退されましたので、KLJCFは日本基督教団世界宣教委員会に3ヶ月毎のボランティア牧師の紹介を依頼し、ご奉仕いただきました。

ボランティア牧師(任期)

相浦和生牧師・恵子夫人
2012年3月24日〜8月1日

松谷好明牧師・兆美夫人
2012年7月29日〜9月24日

藤本治祥牧師・スミヲ夫人
2012年9月29日〜12月11日

山崎往夫牧師・弥生夫人
2012年12月7日〜2013年3月4日

鈴木伸治牧師・スミ夫人
2013年3月14日〜6月4日

吉田眞牧師・洋子夫人
2013年6月9日〜9月1日

小淵康而牧師・和代夫人
2013年9月15日〜11月24日


山本将信牧師・愛子牧師
2013年12月1日から2014年2月2日



その後は、以下の牧師にご奉仕をいただいております。

牧師(任期)

山下慶親牧師
2014年4月6日から2015年5月24日

西村清牧師
2015年6月7日から11月8日

山下慶親牧師
2015年11月22日から2016年3月6日

丹羽和子牧師
2016年3月27日から8月28日

清水吉雄牧師・香夫人
2016年9月4日から11月6日

西村義臣牧師
2016年11月2日から2017年4月16日

清水吉雄牧師・香夫人
2017年4月23日から7月9日

立石章三牧師
2017年7月23日から8月20日

山下慶親牧師
2017年9月3日から現在に至る